2017年02月07日

[商品]遠心バレル研磨機 120Lモデル(研磨槽仕切り2室仕様)

先日、「遠心バレル研磨機」の別注製作機を納入させて頂きました。

遠心バレル研磨機 DRS-120@ 遠心バレル研磨機 DRS-120A

装置自体は標準仕様の「DRS-120型(120Lモデル)」になります。
遠心バレル研磨機の中では『標準〜やや大きめの容量』の位置付けですが、幅1,500×奥行1,600×高さ1,850mmは何度見ても圧巻のスケールです!!

【研磨槽(2室仕様)】
今回納入させて頂きました装置は、研磨槽を特別仕様にしました。
標準仕様の研磨槽は「30L」のものが計4個装着されておりますが、今回はこの研磨槽の中心に仕切板を設けて『12L相当×2室仕様』としました。
これにより、1室あたりの容量は半分以下になるものの、最大計8室での運用を可能にしております。
多品種小ロット加工や変形・打痕防止のために1室1ワーク投入を目的とするお客様にお勧めの仕様です。

DRS-120型研磨槽(2室仕様)@ DRS-120型研磨槽(2室仕様)A

※ちなみに標準仕様(1室)ですとこのような感じです。
標準研磨槽(塗装前)

研磨槽以外につきましてもご紹介します。
(ここからは「遠心バレル研磨機 DRS-120型(標準仕様)」と同じ仕様になります。)

【シューター】
標準仕様は本体右側面に配置しています。
排出や清掃に役立つ水栓付きです。
尚、別注仕様で、シューターの排出口の位置や寸法を変更したり、選別機付きにする事も可能です。

DRS-120型シューター@ DRS-120型シューターA

【操作系統】
汎用遠心バレル研磨機では全グレード標準装備である

・無段変速インバーター(スピードコントローラー)
・デジタルタイマー
・電動ブレーキ

は勿論の他、研磨槽一体式モデルですので、

・研磨槽正逆寸動機構
・ドラム寸動機構」

も標準装備。
操作系統が一箇所に集約されているので簡単にご使用頂けます。

DRS-120型操作パネル

【運転動画 − 試運転】
※試運転につき、低速回転で運転しています。


【運転動画 − 研磨槽正逆寸動機構・ドラム正逆寸動機構】


末長くご愛用頂けることをご期待申し上げます。
「小型研磨機」のイメージが強い秋山産業ですが、このような汎用バレル研磨機の取り扱いもございます。
勿論、バレル研磨機の別注製作も承っております。
貴社の表面処理に関するご要望を是非お聞かせ下さいませ。
posted by あきやマン at 10:28| 商品に関するお知らせ