2017年10月14日

[商品]回転バレル研磨機 低床型 DTシリーズ

先日、「回転バレル研磨機」を納入させて頂きました。

回転バレル研磨機 DT-200型

秋山産業でも多くラインナップしております回転バレル研磨機ですが、今回は「DTシリーズ」というモデルを納入致しました。「DTシリーズ」の特徴は下記の通り。

  • ハードな使用環境にも耐える優れた堅牢性

  • 作業者への負担が少ない低床設計

  • 遠心バレル研磨機製作の思想を継承する高機能な操作パネル&制御系統を採用

  • 50〜500Lまで、計6種類をラインナップ

  • ワークに優しく研磨ムラ発生が少ない、「8の字流動方式」の「DT8シリーズ」もございます


研磨タンク(研磨槽)
納入機は200Lモデルになります。
ゴムライニングは標準仕様の天然ゴム8mm厚仕様です。
蓋の開閉も一般的なカムシャフト方式になっております。

研磨タンク(研磨槽)1 研磨タンク(研磨槽)2

排出廻り
お客様の要望により、排出シューター無し仕様になっております。
開口部が広い為、研磨タンク(研磨槽)の下にワークを受けるトレイ(+台車)をご準備頂きましたら、運転終了後の排出が非常に容易です。
運転中に誤って研磨タンク(研磨槽)と接触しないように、安全ポール(黄色)を設けております。

排出廻り

操作パネル
遠心バレル研磨機製作を得意とする製造業者が作っておりますので、視認性・操作性共に高いレベルを確保しております。
装置本体にスッキリ収まって為、個人的には回転バレル研磨機の中では最もスタイリッシュだと思っております(笑)
デジタルタイマー、無段変速インバーター(回転数調整機構)、正転・逆転寸動機構、電磁ブレーキ、運転終了ブザー、緊急停止ボタン と豊富な機能を標準装備。
回転数はお客様の要望により、調整可能範囲:0〜50RPM と致しました。

操作パネル

その他
お客様は主にバリ取り用途の成型メディアを使われますが、たまに比重の大きい光沢仕上用メディアをご使用になられるという事で、駆動は標準の「Vベルト方式」からスリップの無い「チェーン方式」に変更致しました。

【運転動画】
正転寸動、逆転寸動、および運転状態を動画でご覧頂けます。
(雑音が多くなっておりまして誠に申し訳ございません。)



末長くご愛用頂けることをご期待申し上げます。
回転バレル研磨機「DTシリーズ」は、低床設計と高い操作性をご好評頂いており、使用環境の多いお客様を中心にお引き合いを頂いております。
回転バレル研磨機をご検討中でしたら、是非候補にお加え下さいませ。
タグ:バレル研磨
posted by あきやマン at 16:55| 商品に関するお知らせ